健康と住宅。

安心して住むことができる家って?

住まいに窓は大事


注文住宅を購入した我が家は、間取りや設備、デザインと決めなくてはいけないことが多く選択の連続でした。住まいにまず求めたことが、夏は涼しく冬暖かい住まいであることです。それには建物そのものの断熱性が重要なのだとばかり思って、使用する断熱材やそれに合った断熱工法ばかりに注目しました。もちろんこのことも大事なのですが、それと同じくらい大事なことが窓であることを業者の人から教わりました。

暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、外壁・換気15%、窓58%です。冷房時に熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓73%です。この数字を見ても窓が重要であることが一目瞭然ではないでしょうか。そこで我が家は、2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱特殊金属膜をコーティングしたLow-E複層ガラスを取り入れました。

建物自体の断熱性を高めるだけでなく、窓の気密性や断熱性を高めることが大事なのです。この特殊金属膜は、太陽光線のなかで、可視光線を最大限に透過させ、赤外線や紫外線を大幅にカットするのです。そこで期待できるのが省エネ性です。夏は太陽の熱を大きく反射するので冷房効果を高められますし、冬は高断熱性能を発揮し室内の暖かさを室外に逃がしにくくしてくれるため暖房効果も高められます。

冷暖房に頼ることなくエコな暮らしを送りたいということも誰もが求めることではないでしょうか。冷暖房を効率よく利用して光熱費の削減を実現させたいものです。そして寒い冬は、窓の結露が気になります。結露をそのままにしておくとカビやダニが発生します。アトピーの一因と言われるカビやダニの発生を抑えるには窓の断熱性を高めることです。この窓は嫌な結露を大幅に抑制し、カビやダニの発生を抑えるので健康な住空間を作り出すのです。窓にも注目して快適な住まいを完成させたいものです。


階段


二階建てや三階建て住宅には欠かすことができない階段ですが、様々な形状の階段があります。まっすぐなストレート階段や廻り階段、折り返し階段、ストレートからどちらかに曲がるL字型階段などたくさんの形状があります。階段をどこに設けてどの形状の階段を設けるかで住宅の動線や、広さ、デッドスペースの活用法も大きく変わってくるのです。

ストレート階段は、荷物を運ぶ際に便利です。途中で曲がっている形状の階段だと、大きさのある物を運びにくく、階段を踏み外しそうになったり危険性も高まります。荷物の移動のしやすさは高いのですが、万が一、足を踏み外した時は下まで落ちてしまう形状なのでしっかりと安全性の確保が大事なのです。階段の段差を低くしたり、幅を広めて対策を取ることで安全性が高められるのです。途中で踊り場を設けておくのもいいと思います。

我が家は、折り返し階段です。折り返し階段は途中で踊り場がある階段で、廻り階段は途中で踊り場がなく回って上がる階段のことです。我が家は途中に1畳ほどの平坦な踊り場が設けられているので階段の安全性が高まっています。まだ小さい子どもがいるため階段の安全性の確保は必須でした。この折り返し階段の下にはトイレを設けています。一部の天井が通常の天井の高さより低くなっているのですが、用を足すにも問題ありませんし、空間の狭さや圧迫感を与えることもありません。階段をどこに設けどのような形状の階段にするかを考える時には、同時にデッドスペースの活用法までしっかりと考えて計画するといいでしょう。


家事ラク住宅


家事は365日休みがありません。夫婦共働きの家庭も多く、主婦の多くが家事を効率よく行いたいと希望することと思います。家事の効率を高められ、家族が自然と家事に協力してくれるような環境を整えておきたいものです。家事を効率よく行え、家族が手伝ってくれることで家事への負担が軽減され楽になり、家族の時間を大切にしたいものです。

まずはスムーズな家事動線です。働くママは帰宅後の短い時間に、家事が集中してしまいます。食事も洗濯も全部が同時並行になるだけに、スムーズな家事動線にしておくことで効率よく家事を行えるのです。家事の中心であるキッチンの横にはよく行き来をする洗面室を設けておきます。洗面室は広さを確保し、室内干しを完備しておくと洗う・干すという作業が同じスペースで行えます。

広さに余裕があれば家族の衣類をここに収納できるようにファミリークローゼットを設けておくのもいいでしょう。洗面室は、脱衣室としても利用しますし、身支度を行うスペースでもあるだけにここで着替えができるように衣類があると便利さが増します。入浴の事前準備や着替えを子ども達が自分で行うようにもなるのです。ママの仕事が軽減します。家事も身支度も脱衣室としても利用しやすい洗面室から玄関に抜けれるように動線を確保しておきます。行き止まりにするのではなく、回遊型にすることで無駄な動きをなくし、効率よく住宅内を移動できます。家事が楽に行える住まいを目指しましょう。


ウォークイン玄関収納


住まいの顔と言われる玄関は、美しく、スッキリとした空間を維持したいものです。それを実現させるために我が家にはウォークイン玄関収納を設けました。我が家のように玄関収納においてもウォークインタイプにする家庭が増えているといいます。

玄関スペースに散らかりがちな靴や傘はもちろん、子どもが小さい家庭ではベビーカーや三輪車、ボールに外用おもちゃなどをしっかりと収納できるスペースを設けておくことで、お客様が最初に足を踏み入れる玄関を美しく保ちやすくなります。そして、家族の出入りもよりスムーズに行えるのです。

また、ガーデニングが趣味という人はガーデニング用品、他には外で使用する洗車用品や旦那さんの趣味のゴルフ用品などこれらもここの収納にしっかり収納できるようにするのです。靴に加えこれらの物を収納できることに加え、外出着なども収納できるようにしておくとより充実した収納スペースとなります。帰宅した際にはサッと上着を掛け、外出時はクローゼットまで上着を取りに行く手間が省け、サッと着用して出かけられます。中に入って全ての物が見渡せるようにしておくことで、物が探しやすく、出し入れもしやすいのです。

玄関収納で物や靴、上着などを収納して、そのままスムーズに室内に入る動線を得ることで無駄なく住宅内を移動でき、そして物を片付けるという習慣が身に付きやすくなるのです。我が家は、室内からも物の出し入れができるような造りにしたので、外履きに履き替えずに出入りできるのでより便利さを増しています。素敵な玄関にするにはまずは玄関収納に目を向けるといいでしょう。


シューズクローク


最近では玄関の横にシューズクロークのない家はないと言っていいほど、ほとんどの家庭で設置されています。シューズクロークと言っても靴や傘を収納するだけでなく、外で使用する子どものおもちゃやベビーカー、三輪車、車の洗車用品やアウトドア用品まで収納できる広々とした収納力に優れたシューズクロークが求められるようになっています。

我が家のシューズクロークはまず、可動オープン棚を設けてそこには家族の靴を整理しています。可動棚なのでブーツや長靴など高さがあるものまできれいに整理できていますし、オープン棚なのでどこにどの靴があるかが一目で分かり、出し入れもしやすのです。シューズクロークいっぱいに広がるオープン棚には子どものおもちゃやアウトドア用品などもしっかりと整理されています。ベビーカーや三輪車などは外で使用して汚れた状態でもサッと片づけられるように土間収納スペースを設けています。棚の下部にはポールを設けて傘を掛けて収納しています。

我が家はこのシューズクロークから室内へ入れるように動線を確保しました。履いていた靴や外で使用した物を片付けてそのままスムーズに室内へ入れるようにしたことで、玄関に物や靴が散らかることもなくなりましたし、子ども達も自分の物や靴を自分で管理する習慣が身に付いてきました。私の友人宅は、シューズクローク内にコートクロークを設けていました。いつも着用する上着をここにしまっておけば、帰宅時や外出時が今まで以上にスムーズになります。シューズクロークの収納力は益々求められそうです。


ウォークインクローゼット


我が家の寝室にはウォークインクローゼットを設けました。大型の収納スペースがあることで物がきちんと片づけられ重宝しています。家造りを行う際にこのようなウォークインクローゼットに憧れる人も意外と多いのです。ウォークインクローゼットにもメリット・デメリットがあります。それらを踏まえて、自分達の家にこの収納スペースが適しているかどうかを見極めることから始めましょう。

まずメリットは、一か所にまとめて収納できることです。通常のクローゼットだと、たくさん収納する場合別々のクローゼットに収納する必要がありますが、ウォークインクローゼットの場合は、一か所にまとめて物が整理できるのです。小物はもちろんのこと、大型のものまで収納できるのも嬉しいです。スーツケースやスポーツ用品など洋服以外の大きさのあるものまでも収納することができるのです。

人が通るスペースを少し広めに確保しておけば、クローゼット内で着替えを行うこともできます。全身鏡を設置しておけばクローゼット内でトータルコーディネートしやすくなり、身支度も楽しくなることでしょう。

デメリットは、この人が通るスペースが無駄になるということです。面積的にぎりぎりだと、人が通すスペースが必要なウォークインクローゼットよりも通常のクローゼットの方がいいのです。大きな収納スペースであるがゆえに、上手に空間を利用し収納しないと、人が通るスペースまで荷物が広がりいっぱいになってしまうこともあるのです。散らかりがちになりやすいので注意が必要です。これらを踏まえてウォークインクローゼットを取り入れるかどうかを見極めましょう。


ニッチのある住まい


最近住宅で多く取り入れられているニッチ。このニッチとは、壁の厚みを利用し壁を凹ませ飾り棚としたり、収納スペースとして利用させることを言います。壁の厚みさえも有効活用させるニッチはこれから益々人気を高めていくのではないでしょうか。我が家の新居にもできるだけニッチを設けてもらいました。柱や筋交の影響で設けられる位置やサイズが違ってくるのですが、我が家には3か所ニッチを設けました。

まずLDKのアクセントになっているリモコンニッチ兼飾り棚のニッチです。住宅で設けているニッチの中で一番大きなニッチです。ニッチのフレームや棚の部分は吹き抜けの部分に設けられている梁の色味を合わせてLDKの統一感を高めました。大きなニッチを3つのゾーンに分けました。真ん中はリモコンニッチです。照明スイッチや給湯スイッチ、インターホンモニターや太陽光モニターなどをニッチ内に設置しています。壁に設置しているよりもニッチ内にこれらを収めた方がスッキリとした印象になりますし、生活感を感じさせにくいのです。リモコンニッチの上段と下段は飾り棚としてお気に入りの雑貨を飾ったり、家族写真を飾っています。まず一番に目を引くニッチなのです。

そしてキッチンの前には腰壁を設けました。この腰壁に2ヶ所ニッチを設けました。一つ目はキッチン側です。作業スペース部分に調味料入れニッチを設けました。今までは作業スペースに並べられていた調味料がこのニッチ内に収められることで作業スペースが広々として調理もしやすくなっています。そしてダイニング側にマガジンラックのニッチを設けました。新聞や雑誌など散らかりにくいこれらを片付けるには最適のニッチです。ニッチがあることで住宅の満足度も高まっています。


エコな暮らしを求めて


住まいに求められる条件の中にエコな暮らしを送りたい!と考える人も多いです。夏は涼しく、冬は暖かい家を誰もが求めることと思います。冷暖房に頼ることのない生活を送りたいものです。それを実現するにはまず建物自体の断熱性が大事です。使用する断熱材、そしてその断熱材に合った断熱工法を取り入れ、断熱性の高い住まいにすることで冷暖房効率も高められます。

しかし、建物自体の断熱性ばかりに注目していてはダメなのです。熱の出入り口で一番大きな窓の断熱性も求められるのです。冬の暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、換気・外壁15%、窓58%です。夏の冷房時に熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、そして窓は73%なのです。この数字を見ても窓の断熱性の重要性が分かるのではないでしょうか。断熱性の高い窓にすることで省エネ性が期待できます。

夏は太陽の熱を大きく反射することで冷房効果を高めてくれます。そして冬は断熱性能を発揮し、室内の暖かさを室外に逃しにくくするので暖房効果の向上に役立つのです。冷暖房効率を高めてくれるため光熱費の削減も実現でき、家計を大きく助けてくれるのです。窓の断熱性が低いと、冬場に窓の結露を起こします。結露のお手入れを怠るとカビやダニの発生を促してしまいます。窓の断熱性を高めることで、冬場の窓ガラスの結露を大幅に抑制してくれます。結果、窓のお手入れは格段に楽になりますし、カビやダニの発生を抑えてくれるので、健康な住空間を作りだすことにも繋がるのです。建物と窓の断熱性に注目して家造りをするべきなのです。


カップボード


我が家の新築住宅ではキッチンに設けるカップボードを空間に合わせて造りつけてもらいました。造りつけて家具のいいところは、空間にピッタリに家具を収められることです。空間にまとまりが生まれますし、自分好みに仕上げられるのが大きな魅力です。

我が家のカップボードは天井近くにまで広がり、横幅もキッチンの幅に合わせたので収納力抜群です。キッチンには収納しておくものがたくさんあるので収納力が非常に求められます。扉三枚分にも広がるカップボードの扉一枚分はキッチンパントリーとして利用しています。レトルト食品や乾物、お菓子にジューズなど食材を収納しておくのはもちろんのこと、紙コップや割りばし、ゴミ袋やラップなどの在庫などキッチン雑貨などもしっかりと収納しておくことができています。

そして隣の扉一面には食器類を収納しています。普段使いする食器からお客様用のもの、お弁当箱やタッパーなどまでたくさん収納できているのでお皿選びがしやすくなりました。そしてこの隣の扉一面はキッチン家電を収納しています。炊飯器や電子レンジなど日々使用する家電は、手が届きやすい中段部分に、後はホットプレートやたこ焼き器、フードプロセッサーなどその他のキッチン家電は使用頻度や大きさや重さによって上段部分や下段部分を利用して収納しています。

収納力に優れているだけでなく、シーンに合わせて扉をフルオープンにしたり、フルクローズにできることが大変気に入っています。家事をする時はフルオープンにして必要な物が出し入れしやすいように、来客者やキッチンを使用しない時はフルクローズにしてキッチンをスッキリと見せることができるのです。お気に入りのカップボードとなっています。


キッズスペース


我が家の新居には生活の中心となる一階にキッズスペースを設けました。ほとんどの家庭で二階に子ども部屋を設けると思います。しかし二階に設けた子ども部屋は中学・高校生頃になって初めて部屋として利用する機会が増えるのです。小学生頃の子ども達が勉強する場所は、二階に設けた子ども部屋ではなく一階の家族がいる場所なのです。そこで我が家は、幼少期はおもちゃを広げて遊べて、そして成長するとスタディコーナーとして利用できるキッズスペースを一階のLDKの一部を利用して設けたのです。

リビングとの境には程よい高さの壁で区切りました。リビングからの視線を緩やかに遮ることで、子どもは自分だけの空間で存分に遊びに集中できます。またこのようにすることでリビングをよりくつろげる空間に仕上げることができるのです。しかしキッチンからはこのキッズスペースにしっかり目が届くようにしています。家事を行うママにとって家事の中心は、キッチンです。一日の大半をキッチンで過ごすだけに、キッチンからきちんと子どもの様子を確認できるようにしておくことで、家事と育児の両立が行いやすくなるのです。

またスタディコーナーとして利用した場合も、子どもの勉強姿がしっかり目に入ることで安心できますし、宿題のチェックもしやすくなるのです。子どもも分からないところをすぐに質問でき、勉強をスムーズに進められます。このキッズスペースにはカウンターを設け、このカウンターの下に収納スペースを設けました。おもちゃをしまったり、スタディコーナーとして利用する場合には勉強道具を一時置きすることができます。キッズスペースを設けることで、子どもにとっても居心地のいい自分の居場所を一階に得ることができるのです。