健康と住宅。

安心して住むことができる家って?

シューズクローク


最近では玄関の横にシューズクロークのない家はないと言っていいほど、ほとんどの家庭で設置されています。シューズクロークと言っても靴や傘を収納するだけでなく、外で使用する子どものおもちゃやベビーカー、三輪車、車の洗車用品やアウトドア用品まで収納できる広々とした収納力に優れたシューズクロークが求められるようになっています。

我が家のシューズクロークはまず、可動オープン棚を設けてそこには家族の靴を整理しています。可動棚なのでブーツや長靴など高さがあるものまできれいに整理できていますし、オープン棚なのでどこにどの靴があるかが一目で分かり、出し入れもしやすのです。シューズクロークいっぱいに広がるオープン棚には子どものおもちゃやアウトドア用品などもしっかりと整理されています。ベビーカーや三輪車などは外で使用して汚れた状態でもサッと片づけられるように土間収納スペースを設けています。棚の下部にはポールを設けて傘を掛けて収納しています。

我が家はこのシューズクロークから室内へ入れるように動線を確保しました。履いていた靴や外で使用した物を片付けてそのままスムーズに室内へ入れるようにしたことで、玄関に物や靴が散らかることもなくなりましたし、子ども達も自分の物や靴を自分で管理する習慣が身に付いてきました。私の友人宅は、シューズクローク内にコートクロークを設けていました。いつも着用する上着をここにしまっておけば、帰宅時や外出時が今まで以上にスムーズになります。シューズクロークの収納力は益々求められそうです。


ウォークインクローゼット


我が家の寝室にはウォークインクローゼットを設けました。大型の収納スペースがあることで物がきちんと片づけられ重宝しています。家造りを行う際にこのようなウォークインクローゼットに憧れる人も意外と多いのです。ウォークインクローゼットにもメリット・デメリットがあります。それらを踏まえて、自分達の家にこの収納スペースが適しているかどうかを見極めることから始めましょう。

まずメリットは、一か所にまとめて収納できることです。通常のクローゼットだと、たくさん収納する場合別々のクローゼットに収納する必要がありますが、ウォークインクローゼットの場合は、一か所にまとめて物が整理できるのです。小物はもちろんのこと、大型のものまで収納できるのも嬉しいです。スーツケースやスポーツ用品など洋服以外の大きさのあるものまでも収納することができるのです。

人が通るスペースを少し広めに確保しておけば、クローゼット内で着替えを行うこともできます。全身鏡を設置しておけばクローゼット内でトータルコーディネートしやすくなり、身支度も楽しくなることでしょう。

デメリットは、この人が通るスペースが無駄になるということです。面積的にぎりぎりだと、人が通すスペースが必要なウォークインクローゼットよりも通常のクローゼットの方がいいのです。大きな収納スペースであるがゆえに、上手に空間を利用し収納しないと、人が通るスペースまで荷物が広がりいっぱいになってしまうこともあるのです。散らかりがちになりやすいので注意が必要です。これらを踏まえてウォークインクローゼットを取り入れるかどうかを見極めましょう。


ニッチのある住まい


最近住宅で多く取り入れられているニッチ。このニッチとは、壁の厚みを利用し壁を凹ませ飾り棚としたり、収納スペースとして利用させることを言います。壁の厚みさえも有効活用させるニッチはこれから益々人気を高めていくのではないでしょうか。我が家の新居にもできるだけニッチを設けてもらいました。柱や筋交の影響で設けられる位置やサイズが違ってくるのですが、我が家には3か所ニッチを設けました。

まずLDKのアクセントになっているリモコンニッチ兼飾り棚のニッチです。住宅で設けているニッチの中で一番大きなニッチです。ニッチのフレームや棚の部分は吹き抜けの部分に設けられている梁の色味を合わせてLDKの統一感を高めました。大きなニッチを3つのゾーンに分けました。真ん中はリモコンニッチです。照明スイッチや給湯スイッチ、インターホンモニターや太陽光モニターなどをニッチ内に設置しています。壁に設置しているよりもニッチ内にこれらを収めた方がスッキリとした印象になりますし、生活感を感じさせにくいのです。リモコンニッチの上段と下段は飾り棚としてお気に入りの雑貨を飾ったり、家族写真を飾っています。まず一番に目を引くニッチなのです。

そしてキッチンの前には腰壁を設けました。この腰壁に2ヶ所ニッチを設けました。一つ目はキッチン側です。作業スペース部分に調味料入れニッチを設けました。今までは作業スペースに並べられていた調味料がこのニッチ内に収められることで作業スペースが広々として調理もしやすくなっています。そしてダイニング側にマガジンラックのニッチを設けました。新聞や雑誌など散らかりにくいこれらを片付けるには最適のニッチです。ニッチがあることで住宅の満足度も高まっています。


エコな暮らしを求めて


住まいに求められる条件の中にエコな暮らしを送りたい!と考える人も多いです。夏は涼しく、冬は暖かい家を誰もが求めることと思います。冷暖房に頼ることのない生活を送りたいものです。それを実現するにはまず建物自体の断熱性が大事です。使用する断熱材、そしてその断熱材に合った断熱工法を取り入れ、断熱性の高い住まいにすることで冷暖房効率も高められます。

しかし、建物自体の断熱性ばかりに注目していてはダメなのです。熱の出入り口で一番大きな窓の断熱性も求められるのです。冬の暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、換気・外壁15%、窓58%です。夏の冷房時に熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、そして窓は73%なのです。この数字を見ても窓の断熱性の重要性が分かるのではないでしょうか。断熱性の高い窓にすることで省エネ性が期待できます。

夏は太陽の熱を大きく反射することで冷房効果を高めてくれます。そして冬は断熱性能を発揮し、室内の暖かさを室外に逃しにくくするので暖房効果の向上に役立つのです。冷暖房効率を高めてくれるため光熱費の削減も実現でき、家計を大きく助けてくれるのです。窓の断熱性が低いと、冬場に窓の結露を起こします。結露のお手入れを怠るとカビやダニの発生を促してしまいます。窓の断熱性を高めることで、冬場の窓ガラスの結露を大幅に抑制してくれます。結果、窓のお手入れは格段に楽になりますし、カビやダニの発生を抑えてくれるので、健康な住空間を作りだすことにも繋がるのです。建物と窓の断熱性に注目して家造りをするべきなのです。


カップボード


我が家の新築住宅ではキッチンに設けるカップボードを空間に合わせて造りつけてもらいました。造りつけて家具のいいところは、空間にピッタリに家具を収められることです。空間にまとまりが生まれますし、自分好みに仕上げられるのが大きな魅力です。

我が家のカップボードは天井近くにまで広がり、横幅もキッチンの幅に合わせたので収納力抜群です。キッチンには収納しておくものがたくさんあるので収納力が非常に求められます。扉三枚分にも広がるカップボードの扉一枚分はキッチンパントリーとして利用しています。レトルト食品や乾物、お菓子にジューズなど食材を収納しておくのはもちろんのこと、紙コップや割りばし、ゴミ袋やラップなどの在庫などキッチン雑貨などもしっかりと収納しておくことができています。

そして隣の扉一面には食器類を収納しています。普段使いする食器からお客様用のもの、お弁当箱やタッパーなどまでたくさん収納できているのでお皿選びがしやすくなりました。そしてこの隣の扉一面はキッチン家電を収納しています。炊飯器や電子レンジなど日々使用する家電は、手が届きやすい中段部分に、後はホットプレートやたこ焼き器、フードプロセッサーなどその他のキッチン家電は使用頻度や大きさや重さによって上段部分や下段部分を利用して収納しています。

収納力に優れているだけでなく、シーンに合わせて扉をフルオープンにしたり、フルクローズにできることが大変気に入っています。家事をする時はフルオープンにして必要な物が出し入れしやすいように、来客者やキッチンを使用しない時はフルクローズにしてキッチンをスッキリと見せることができるのです。お気に入りのカップボードとなっています。


キッズスペース


我が家の新居には生活の中心となる一階にキッズスペースを設けました。ほとんどの家庭で二階に子ども部屋を設けると思います。しかし二階に設けた子ども部屋は中学・高校生頃になって初めて部屋として利用する機会が増えるのです。小学生頃の子ども達が勉強する場所は、二階に設けた子ども部屋ではなく一階の家族がいる場所なのです。そこで我が家は、幼少期はおもちゃを広げて遊べて、そして成長するとスタディコーナーとして利用できるキッズスペースを一階のLDKの一部を利用して設けたのです。

リビングとの境には程よい高さの壁で区切りました。リビングからの視線を緩やかに遮ることで、子どもは自分だけの空間で存分に遊びに集中できます。またこのようにすることでリビングをよりくつろげる空間に仕上げることができるのです。しかしキッチンからはこのキッズスペースにしっかり目が届くようにしています。家事を行うママにとって家事の中心は、キッチンです。一日の大半をキッチンで過ごすだけに、キッチンからきちんと子どもの様子を確認できるようにしておくことで、家事と育児の両立が行いやすくなるのです。

またスタディコーナーとして利用した場合も、子どもの勉強姿がしっかり目に入ることで安心できますし、宿題のチェックもしやすくなるのです。子どもも分からないところをすぐに質問でき、勉強をスムーズに進められます。このキッズスペースにはカウンターを設け、このカウンターの下に収納スペースを設けました。おもちゃをしまったり、スタディコーナーとして利用する場合には勉強道具を一時置きすることができます。キッズスペースを設けることで、子どもにとっても居心地のいい自分の居場所を一階に得ることができるのです。


建売住宅


家を購入しようとする人の中には建売住宅を購入するべきか、注文住宅にするべきか悩む人もいます。我が家は注文住宅で家を建てました。注文住宅の最大の魅力は、自由度が高いということです。間取りや使用する素材、設備、デザイン…すべてにおいて自分好みにすることができるのです。しかし決めることが多く、建築家との打ち合わせも多く、完成するまでに時間がかかるというデメリットもあります。しかし完成した時の充実感や住宅への愛着はひとしおです。

私の周りの友人は建売住宅を購入した人もいます。建売住宅についてあまり知らない私は建売住宅について友人に尋ねました。建売住宅の最大の魅力は価格の安さです。販売価格は土地を含めた代金です。金額が最初から提示されているので予算化しやすいのです。また土地を探す手間が省けるのも嬉しいです。注文住宅の場合は土地を見付けることから始まります。いい土地が見つからず家造りが一向に進まないという人も多いです。その手間がかからないので住宅購入までスムーズに進められるのです。

また建売住宅はすでに建物が完成している場合が多く、住宅展示場のように実際の建物を見学することが可能なのです。間取りや設備を確認できるだけでなく、日当たり状況や、近隣住民の雰囲気、外からの騒音なども実際に体験できるのでこれは大きな魅力と言えるでしょう。

しかし建売住宅には自由度がありません。間取りも、大人2人・子ども2人の4人家族を想定して建てられています。間取りを変更したくてもできないのが大きなデメリットなのです。建売住宅にも注文住宅にもメリット・デメリットはあります。どちらがより自分達に適しているかを見極め住宅を購入しましょう。


リビングにスキップフロア


我が家は家を建てることを決め、数多くの住宅を見学してきました。いろいろな住宅を見てきて、ぜひともマイホームに取り入れたいなと思ったのが、リビングにスキップフロアを設けることです。リビングは家族が長時間共に過ごす場所です。それだけにどの空間よりも広く、居心地の良さを高めたいと感じる人がほとんどだと思います。

家族が集まるリビングではテレビを見てくつろぎたい人もいれば、子ども達はおもちゃで遊びます。その間で洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたりと家事をする母親の姿も見られると思います。同じ空間で様々なことをして過ごしていると、本来の落ち着けてくつろぐリビングとはかけ離れてしまいます。

そこでリビングにスキップフロアを設けることで、リビングはくつろぐスペース、そしてスキップフロアは子どもが遊ぶスペースという風に利用します。このようにくつろぎの空間と遊ぶスペースを分けることで、リビング全体におもちゃが散らかるのを防ぐことができますし、リビングをよりくつろげリラックスできる空間が広がるのです。子ども達がスキップフロアを利用していない時は、ここをパソコンスペースや家事スペースとして利用させてもいいでしょう。

くつろぐスペースと作業スペースとして新たな空間の利用方法ができるのです。リビングとスキップフロアの境は壁で区切るのではなく、アイアンの手すりなどで区切ることでそれぞれの空間にしっかりと視線が届き、狭さや圧迫感を感じることもありません。家族との時間を過ごしながらも、自分の時間を楽しめることもできるので我が家にはぜひリビングにスキップフロアを設けたいです。


ファミリークローゼット


我が家の新築住宅のポイントの一つにもなっているファミリークローゼット。このファミリークローゼットを設けた理由は、私の家事への不満を解消するためです。私だけでなく多くの主婦が不満に感じていることの一つが、たたんだ洗濯物をしまうという作業です。子どもや夫婦の衣類、下着にタオル類とそれらを全て収納するのに、各クローゼットへ洗濯物を運ばなければなりません。服をしまうという作業だけで住宅内を行ったり来して無駄な動きが多いのです。これらのものを一か所で管理できるようになると家事への不満を解消でき、家事を楽しみながら行えるようになるのです。

このファミリークローゼットは生活の中心となる一階に設けました。洗面室で着替えを行うことが多いので洗面室を繋ぐ形でウォークスルー型のファミリークローゼットを設けたのです。洗面室でタオルを使用する頻度も高いですし、外出先から帰宅して洗面室で手を洗い、部屋着に着替えることも多いです。また入浴の前後でも洗面室を利用するだけに、この洗面室を繋ぐ形でファミリークローゼットを設けると動線に沿っているので便利で使い勝手の良さも実感できます。

子ども達も自分の身近な場所に衣類を管理していることで、自分で服を取り出し着替えをするように習慣が身に付いてきました。脱いだ服はその先の洗面室に置いてある洗濯機へ入れるだけなので、リビングなどに脱いだ服が散らかることもなくなっています。家事の大きな手助けとなってくれるファミリークローゼットを設けて良かったです。


トイレにミニ洗面室


トイレは家族の使用頻度が非常に高い場所です。家族だけでなく家に遊びに来たお客様が使用する機会も高い場所です。トイレは使用頻度は高いのですが、滞在時間は短い空間なだけに第一印象が非常に重要です。我が家は家族はもちろんのこと、お客様にとっても快適性の高いトイレを目指しました。トイレは広さに限りのある空間です。

その空間をよりスッキリと広さを感じられるようにするには、トイレをタンクレスにするのは有効的です。タンクレストイレは最近非常に普及しており、タンクがないことでトイレがよりスッキリと広々とした印象を与えてくれます。このタンクレストイレの普及と共に、トイレ内に手洗いスペースを設けるスタイルが主流となっています。

手洗いスペースがなければ、用を足した後は洗面室へ行き、手を洗わなくてはいけなくなります。面倒ですし、お客様に生活感を感じる洗面室を見られたくはありません。この手洗いスペースにこだわりました。住宅のデザインと調和を取り、アンティーク調のデザインの洗面ボウルに蛇口を設けました。ここのデザインにこだわることでトイレの第一印象がガラッと変わるのです。

洗面ボウルを設置する天板はリビングの吹き抜け部分の梁やキッチンカウンターなどを色を合わせてアンティーク調の色味にしました。この手洗いスペースには鏡を設置しました。お客様が用を足したついでにヘアセットやメイク直しができるようにしたのです。人の家にお邪魔しているとお化粧が気になってもなかなか洗面室を借りる勇気はありません。しかし用を足したついでに鏡で身だしなみをチェックできれば使いやすいトイレとなるのです。洗面ボウルを設置した天板にはアメニティグッツを置いています。トイレ内にミニ洗面台を設け便利で華やかなトイレに仕上げられて非常に満足しています。