健康と住宅。

安心して住むことができる家って?

キッズスペース


我が家の新居には生活の中心となる一階にキッズスペースを設けました。ほとんどの家庭で二階に子ども部屋を設けると思います。しかし二階に設けた子ども部屋は中学・高校生頃になって初めて部屋として利用する機会が増えるのです。小学生頃の子ども達が勉強する場所は、二階に設けた子ども部屋ではなく一階の家族がいる場所なのです。そこで我が家は、幼少期はおもちゃを広げて遊べて、そして成長するとスタディコーナーとして利用できるキッズスペースを一階のLDKの一部を利用して設けたのです。

リビングとの境には程よい高さの壁で区切りました。リビングからの視線を緩やかに遮ることで、子どもは自分だけの空間で存分に遊びに集中できます。またこのようにすることでリビングをよりくつろげる空間に仕上げることができるのです。しかしキッチンからはこのキッズスペースにしっかり目が届くようにしています。家事を行うママにとって家事の中心は、キッチンです。一日の大半をキッチンで過ごすだけに、キッチンからきちんと子どもの様子を確認できるようにしておくことで、家事と育児の両立が行いやすくなるのです。

またスタディコーナーとして利用した場合も、子どもの勉強姿がしっかり目に入ることで安心できますし、宿題のチェックもしやすくなるのです。子どもも分からないところをすぐに質問でき、勉強をスムーズに進められます。このキッズスペースにはカウンターを設け、このカウンターの下に収納スペースを設けました。おもちゃをしまったり、スタディコーナーとして利用する場合には勉強道具を一時置きすることができます。キッズスペースを設けることで、子どもにとっても居心地のいい自分の居場所を一階に得ることができるのです。


建売住宅


家を購入しようとする人の中には建売住宅を購入するべきか、注文住宅にするべきか悩む人もいます。我が家は注文住宅で家を建てました。注文住宅の最大の魅力は、自由度が高いということです。間取りや使用する素材、設備、デザイン…すべてにおいて自分好みにすることができるのです。しかし決めることが多く、建築家との打ち合わせも多く、完成するまでに時間がかかるというデメリットもあります。しかし完成した時の充実感や住宅への愛着はひとしおです。

私の周りの友人は建売住宅を購入した人もいます。建売住宅についてあまり知らない私は建売住宅について友人に尋ねました。建売住宅の最大の魅力は価格の安さです。販売価格は土地を含めた代金です。金額が最初から提示されているので予算化しやすいのです。また土地を探す手間が省けるのも嬉しいです。注文住宅の場合は土地を見付けることから始まります。いい土地が見つからず家造りが一向に進まないという人も多いです。その手間がかからないので住宅購入までスムーズに進められるのです。

また建売住宅はすでに建物が完成している場合が多く、住宅展示場のように実際の建物を見学することが可能なのです。間取りや設備を確認できるだけでなく、日当たり状況や、近隣住民の雰囲気、外からの騒音なども実際に体験できるのでこれは大きな魅力と言えるでしょう。

しかし建売住宅には自由度がありません。間取りも、大人2人・子ども2人の4人家族を想定して建てられています。間取りを変更したくてもできないのが大きなデメリットなのです。建売住宅にも注文住宅にもメリット・デメリットはあります。どちらがより自分達に適しているかを見極め住宅を購入しましょう。


リビングにスキップフロア


我が家は家を建てることを決め、数多くの住宅を見学してきました。いろいろな住宅を見てきて、ぜひともマイホームに取り入れたいなと思ったのが、リビングにスキップフロアを設けることです。リビングは家族が長時間共に過ごす場所です。それだけにどの空間よりも広く、居心地の良さを高めたいと感じる人がほとんどだと思います。

家族が集まるリビングではテレビを見てくつろぎたい人もいれば、子ども達はおもちゃで遊びます。その間で洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたりと家事をする母親の姿も見られると思います。同じ空間で様々なことをして過ごしていると、本来の落ち着けてくつろぐリビングとはかけ離れてしまいます。

そこでリビングにスキップフロアを設けることで、リビングはくつろぐスペース、そしてスキップフロアは子どもが遊ぶスペースという風に利用します。このようにくつろぎの空間と遊ぶスペースを分けることで、リビング全体におもちゃが散らかるのを防ぐことができますし、リビングをよりくつろげリラックスできる空間が広がるのです。子ども達がスキップフロアを利用していない時は、ここをパソコンスペースや家事スペースとして利用させてもいいでしょう。

くつろぐスペースと作業スペースとして新たな空間の利用方法ができるのです。リビングとスキップフロアの境は壁で区切るのではなく、アイアンの手すりなどで区切ることでそれぞれの空間にしっかりと視線が届き、狭さや圧迫感を感じることもありません。家族との時間を過ごしながらも、自分の時間を楽しめることもできるので我が家にはぜひリビングにスキップフロアを設けたいです。


ファミリークローゼット


我が家の新築住宅のポイントの一つにもなっているファミリークローゼット。このファミリークローゼットを設けた理由は、私の家事への不満を解消するためです。私だけでなく多くの主婦が不満に感じていることの一つが、たたんだ洗濯物をしまうという作業です。子どもや夫婦の衣類、下着にタオル類とそれらを全て収納するのに、各クローゼットへ洗濯物を運ばなければなりません。服をしまうという作業だけで住宅内を行ったり来して無駄な動きが多いのです。これらのものを一か所で管理できるようになると家事への不満を解消でき、家事を楽しみながら行えるようになるのです。

このファミリークローゼットは生活の中心となる一階に設けました。洗面室で着替えを行うことが多いので洗面室を繋ぐ形でウォークスルー型のファミリークローゼットを設けたのです。洗面室でタオルを使用する頻度も高いですし、外出先から帰宅して洗面室で手を洗い、部屋着に着替えることも多いです。また入浴の前後でも洗面室を利用するだけに、この洗面室を繋ぐ形でファミリークローゼットを設けると動線に沿っているので便利で使い勝手の良さも実感できます。

子ども達も自分の身近な場所に衣類を管理していることで、自分で服を取り出し着替えをするように習慣が身に付いてきました。脱いだ服はその先の洗面室に置いてある洗濯機へ入れるだけなので、リビングなどに脱いだ服が散らかることもなくなっています。家事の大きな手助けとなってくれるファミリークローゼットを設けて良かったです。


トイレにミニ洗面室


トイレは家族の使用頻度が非常に高い場所です。家族だけでなく家に遊びに来たお客様が使用する機会も高い場所です。トイレは使用頻度は高いのですが、滞在時間は短い空間なだけに第一印象が非常に重要です。我が家は家族はもちろんのこと、お客様にとっても快適性の高いトイレを目指しました。トイレは広さに限りのある空間です。

その空間をよりスッキリと広さを感じられるようにするには、トイレをタンクレスにするのは有効的です。タンクレストイレは最近非常に普及しており、タンクがないことでトイレがよりスッキリと広々とした印象を与えてくれます。このタンクレストイレの普及と共に、トイレ内に手洗いスペースを設けるスタイルが主流となっています。

手洗いスペースがなければ、用を足した後は洗面室へ行き、手を洗わなくてはいけなくなります。面倒ですし、お客様に生活感を感じる洗面室を見られたくはありません。この手洗いスペースにこだわりました。住宅のデザインと調和を取り、アンティーク調のデザインの洗面ボウルに蛇口を設けました。ここのデザインにこだわることでトイレの第一印象がガラッと変わるのです。

洗面ボウルを設置する天板はリビングの吹き抜け部分の梁やキッチンカウンターなどを色を合わせてアンティーク調の色味にしました。この手洗いスペースには鏡を設置しました。お客様が用を足したついでにヘアセットやメイク直しができるようにしたのです。人の家にお邪魔しているとお化粧が気になってもなかなか洗面室を借りる勇気はありません。しかし用を足したついでに鏡で身だしなみをチェックできれば使いやすいトイレとなるのです。洗面ボウルを設置した天板にはアメニティグッツを置いています。トイレ内にミニ洗面台を設け便利で華やかなトイレに仕上げられて非常に満足しています。


玄関収納


玄関は住宅の印象を決める大変重要な部分です。それだけに住宅の顔とも言われる部分でもあるのです。この玄関を常にきれいに保つには玄関収納が重要となってきます。最近では玄関横にシューズクロークを設けるのが当たり前のようになっています。しかもこのシューズクロークはただ靴や傘を収納しておくだけの収納スペースとするのではなく、玄関周りに収納しておくと便利な物を収納できるように、広々とした土間収納を設ける家庭も少なくありません。

このように土間収納があることで、外で使用する物をきちんと収納でき、玄関周りをスッキリとできるのです。玄関周りで散らかりやすいものは、子どもの外用のおもちゃや三輪車、ベビーカーです。これらが玄関部分やポーチ部分に置きっぱなしになっていれば玄関が圧迫感でいっぱいになってしまいます。これらを土間収納に収納することで、物がなくスッキリとした玄関やポーチ部分が広がるのです。

土間収納は外で使用し、汚れたままの状態でサッとしまえるのがいいのです。靴を履くのと同時に外で使用するものをサッと取り出せ外出できるので使い勝手のいい収納スペースと言えるでしょう。また旦那さんの趣味であるゴルフ用品など収納場所に頭を悩ませている人は多いです。ゴルフ用品は重さもありますし、高さもあります。住宅内に持ち運ぶのは大変です。この玄関収納を利用して収納しておけば、趣味で出かける際も荷物の持ち運びが楽になり、より趣味の時間を満喫できることでしょう。玄関の印象を良くするには玄関収納を充実させることが一番なのです。


快適な住まいにするには


家造りをする人のほとんどが快適な住まいを求めると思います。この快適な住まいとはどのような家のことを指すのでしょうか。我が家が家造りをする時にももちろん快適に暮らせる家というのを重視しました。それは夏涼しく冬暖かい家にして冷暖房に頼り切った生活を送らないようにすることです。

また直接肌が触れる部分には肌触りにこだわることで快適性が大きく変わってくるのです。まず床を合板のフローリングではなく、無垢材の床にしました。無垢材の床は、木の本来の温もりを視覚的にも触感的にも感じることができるのです。木目の美しさは無垢材の床ならではです。眺めているだけで癒されるのです。また触感は合板とは比べものになりません、合板フローリングは、夏場はペタッと張り付いた感触ですし、冬場は冷たくて裸足で生活することはできません。しかし無垢材の床にすることで、夏でもサラサラした肌触りですし、冬はほんのり温かみを感じられるため裸足で居たくなるほどなのです。

壁はクロスではなく漆喰にしました。この漆喰は調湿効果に大変優れているため、一年を通して室内の環境を快適に導いてくれるのです。漆喰壁にしたことで冷暖房に頼ることない暮らしを送れるようにもなるのです。梅雨時期など室内の水分が多いと吸収してくれ、逆に乾燥していると水分を放出してくれるのです。梅雨時期、外がジメジメしていても室内に入るとカラッとした空間が広がりますし、冬は乾燥を防いでくれるのでお肌にもいいのです。使用する素材にこだわることで住まいをより快適にさせることができるのです。


洗面室の収納


洗面室はいろいろな用途で使用します。手洗いや歯磨きをするのはもちろんのこと、ヘアセットや髭剃り、お化粧に入浴の前後など家族みんなが様々なシーンで利用します。またここに洗濯機を設置する家庭は多いと思います。洗濯機があることで家事を行う場所でもあるのです。

最近では洗面室を重視する人が増えてきました。広さに余裕を持たせて収納スペースを充実させるのです。いろいろな用途で使用するだけに収納しておきたいものも多いのです。タオル類や洗剤やシャンプーなどのストック品を収納しておくのはもちろんのこと、下着や部屋着、パジャマまで洗面室に収納しておくことができれば、洗面室の使い勝手の良さは高まります。

帰宅して、洗面室で手を洗います。手を洗うのと同時に、部屋着に着替えることができれば、わざわざ二階のクローゼットまで部屋着を取りに行く手間が省けますし、住宅内の無駄な動きを省くことにも繋がります。また下着やパジャマを洗面室にしまうことで、入浴前の準備がスムーズになります。必要な物をその場でサッと取り出すだけですし、万が一忘れたとしても洗面室に必要な物が揃っているので不便さは感じません。

住宅の不満の多くは収納と言われています。収納を充実させることで住宅への満足度を高めることに繋がります。家族の使用頻度が高い洗面室においても、収納を充実させることで洗面室の使い勝手の良さが増すのです。洗面室を重視する人が増えている理由もよく理解できます。我が家の家造りをする際には、家族団らんの場となるリビングやダイニングだけでなく、洗面室にも力を入れて広さや収納スペースを確保しようと思います。


収納力に優れたシューズクローク


最近では玄関横にシューズクロークを設けないという家庭がないほど、多くの家庭でシューズクロークが設けられています。シューズクロークを設けることで、玄関に靴箱が必要なくなります。靴箱のない玄関はスッキりとして広さを感じられる空間となるのです。玄関は住宅の顔とも言われる部分です。それだけに常にきれいでいつでもお客様に対応できる空間を保ちたいものです。

我が家の新築住宅にも玄関横にシューズクロークを設けました。家族みんなの靴を大容量に収納しておくことができ、またオープン棚なのでどこにどの靴があるのかというのも一目で分かるのです。シューズクロークには靴を収納するだけではありません。靴やレインコートなどを収納するほか、外で使用する室内には収納しておくことができない物までも収納しておくと便利さが高まるのです。

レインコートやいつも着用する上着を一時置きできるように掛ける収納スペースを確保します。そうすると靴を脱ぐのと同時に上着もしまえるので、リビングに上着が散らかるということもなくなります。また外で使用するベビーカーや三輪車、旦那さんの趣味であるゴルフ用品などもこのシューズクローク内にしまうことで、玄関周りがスッキリと片付き広さを感じられる空間となるのです。

このように靴だけでなく外で使用する物までも収納できるシューズクロークはこれからも益々求められていくことでしょう。また外で使用するものだけでなく、室内で使用する物も収納しておけるようにするには、室内とシューズクロークを繋ぐ動線を確保しておくといいでしょう。そうすれば室内の物の出し入れもしやすくなります。玄関の収納力も大切なのです。


ママのワークスペース


キッチンの横にママのためのワークスペースを設ける人が増えてきました。キッチン横にこのようなスペースがあることで、家事の合間の休憩もしやすいですし、家計簿をつけたり、パソコンをする場としても最適です。パソコンを使って夕飯のレシピ検索をすることもあると思います。キッチン横にパソコンをできるスペースがあれば、パソコンでレシピを確認しながら夕飯の支度をスムーズに行うこともできます。

ワークスペースの前には子ども達の学校行事などが確認できるように掲示板コーナーがあると便利です。スケジュール管理をするのもママの仕事の一つです。リビングやダイニングからこの掲示板が目に入ると生活感を感じやすくなるので、ワークスペースにこの掲示板コーナーがあるのが一番いいと思います。
また洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたり、裁縫をしたり主婦にはしなければならない家事がたくさんあります。子ども達から邪魔をされれば必要以上に家事の時間が長くなってしまいます。自分の時間を過ごすこともできなくなってしまうのです。ママのためのワークスペースを設けことは家事の効率を高めることにも繋がるのです。

またホッと一人でくつろぐことができるスペースがあるのとないのでは、家事への原動力も大きく変わってくることでしょう。だからこそママのワークスペースを積極的に取り入れる人が増えているのです。家事には休みがありません。また育児を主体的に行うのはママです。ママが少しでも自分の時間を過ごせ、家事の効率を高め家事の時短が実現できるようにワークスペースを設けましょう。